中医養生

東洋医学では太陽や月の動き、季節に合わせた天人合一法則(自然や季節をみる、旬を取り入れる)によって生活することを最高の健康法と考えます。
その中でも、我々の体に備わる精(精力、生命)、気(元気、体をめぐるパワー)、神(精神)のバランスを維持することは養生法の根本であると考えます。また、「未病を治す」「未老を養う」という考えも漢方養生学の基本です。
上記の様に養生法というのは一つではなく様々な考え方があります。例えば、季節養生法、飲食養生法、音楽養生法、運動養生法、房事養生法、薬膳、薬酒、薬茶などがあるとされています。自分に合う養生法をみつけられるよう三吉整骨院では指導及びアドバイスいたします!

自然に従え、季(とき)と暮らす、二十四節季の養生法

例えば、二十四節気である3月6日頃の「啓蟄〔けいちつ〕」は「春になって虫が穴から出てくる」という意味です。
本来の暦では子の頃、自然を感じ、蕗の薹(フキノトウ)は早春に葉が出て、花を咲く前に採りますが、旬を味わい、代々伝承の知恵を学んで、自分らしく爽やかな気分で、健康な人生を過ごせるとされているのです。このような暦をよむことで季節に従った養生ができるのです。

しかし、実際に体調をどういう風に管理すればいいか、どんな食事を摂ればよいか迷ってしまうと思います。そこで白露と秋分を例にとり、具体例をあげつつ解説したいと思います。このほかにも知りたい方はぜひ二十四節気を調べてみてください。

白露 (新暦9月8日~9月22日)

白露とは、「はくろ」と読み、
「陰気ようやく重なり、露が凝って白く見える」という意味で名付けられました。

9月9日は重陽の節句、収穫祭の意味合いがあり、栗ご飯で祝います。



こころがけること
春は眠い、秋は怠い、残暑が暑かったり、初秋は寒かったりするため、体がなかなかついていけません。朝は寒いから上着、日中は暑いから薄着という風に、一日中に着るものをコロコロ変えないようにして下さい。この季節は肺を労わる時期です。皮膚や粘膜が弱いと、鼻や気管支にトラブルが出やすいので、鼻詰まりや喘息など慢性疾患になってしまいます。水や薄い塩水で鼻洗浄をしたりしてください。
体質管理
風邪や鼻アレルギーも体表の皮膚、つまり粘膜と関係します。
皮膚を改善するというのは時間がかかるので、気長に付き合う気持ちが大切です。その中でも味覚の辛味は表面から気持ちの滞りや体内毒素を追い出す、発散の役目がありますので辛い物を食べることをおすすめします。
年を取ると、歩くときに手を後に組むのは、体のバランスがとりやすいからです。呼吸が深くなり、歩くという運動がしやすくなります。また腰の保護にも繋がります。ですから普段も歩くときに胸をはって歩くことを意識したほうが肺が広がり健康になります。呼吸をゆっくり、息を吐くときは倍以上かけてゆっくり吐きましょう。病は気からという言葉もあるように喘息のような慢性疾患には心の問題も大きく関わってきます。
日本人はなで肩が多く、胃腸が弱かったり、肺の機能が不十分だったりします。肩が下がると呼吸が浅くなってしまいます。肩こりや腰痛など筋力のケアのため、鍼灸マッサージなど治療を忘れず行いましょう。
摂るべきもの
冷え改善に効く生姜、ねぎ、大根、わさび、ニンニクなどは気分を発散して、うつ改善やストレス改善に良いのです。かぼちゃ、山芋は、山薬といわれ漢方生薬です。誰でも長期服用でき、滋養強壮にも効果があります。下痢止めやお肌の収斂、呼吸器疾患、不眠症、遺精にも効果があります。ガン末期で全く食欲のなかった人が、ゆでた山芋を食べて精を付け、何年も生き延びたという例もあるそうです。また髪の発毛にも良いそうです。
ハト麦は利尿作用に優れ、むくみをとり、ダイエットに効果があります。お酒をハト麦で割るのも効果的です。肺と喘息にはレンコンがいいといわれています。
東洋医学上の脾・肺を丈夫にする食材は、子供の食事に是非取り入れたいですね。ハト麦をスープやサラダに入れて炊きこんでもいいし。秋の茄子生姜焼き、秋の梨にも有効です。

秋分 (新暦9月23日~10月7日)

太陽は真東から昇り真西に沈み、昼間と夜間の長さがほぼ同じになります。
1年を通して、夏至に昼間の時間が一番長くなり、冬至に昼間の時間が一番短くなりますよね。
その中間にある秋分の日と春分の日で葡萄の味にも違いが感じられる昨今。秋の色が次第に深さを増して、そぞろ涼風の立つ頃。秋分の日と春分の日の前後各3日間の各合計7日間はお彼岸の期間になります。さんまや銀杏も食べごろです。中秋の名月や彼岸花なども美しい時期です。

こころがけること
実りの秋で、収穫時期です。豊作を祝い、様々な行事が行われます。秋はえごになっても良いので、自分の夢を全面に持ち出していきましょう。気迫を持ち、果敢に挑んでいってください。胸をはって堂々と自分の成果を示すことが未来につながるのです。
体質管理
この時期は乾燥によるトラブルが起きがちです。日本はもともと湿度が高く、むくみが起きやすいのですが、逆に乾燥していると水分不足になると対応力がなく、治りにくいのです。潤いを出すために、潤滑油になるような食材を選びましょう。亜麻仁油、コラーゲンやビタミン、ミネラル、ヒアルロン酸など。乳製品もいいでしょう。
秋は更年期うつに注意しましょう。秋への移り変わりはホルモンの分泌を変化させ、心と体のバランスが崩れます。ツボでは足三里、太谿、三陰交、合谷にお灸とかマッサージをすると体質改善にとっても有効です。
摂るべきもの
秋分に入ると、飲食パターンが少し変わります。
さんまなど旬の食材は日本の秋にピッタリです。はらわたの苦みは夏の心火によく、心臓を丈夫にしてくれます。疲れ気味の秋には、1つ前の季節である夏の養生の心臓強化が必要です。新鮮なはらわたも食べて、秋の味覚を満喫しましょう。
生姜は、体の芯を温めて、代謝を高めて免疫力をアップさせます。吐き気や下痢を抑えて、胃腸を丈夫にします。初期の風邪にも効果的です。炎症の強い時期に大量にとるのは良くありませんが、生肉や魚の薬味にはとてもいいでしょう。
ゴボウは、誰が毎日食べても良い食材です。瀉気作用が強いので、のぼせや、炎症、高血圧や便秘の人に向いています。ニキビの改善にも効果的です。
マツタケは滋養強壮によく、免疫力を高めます。血液の汚れをとる作用もあります。飲食後の口の渇きや尿失禁にも効果的です。解毒作用も高まり、腫れ物も改善します。白露は湿燥で、秋分は涼燥と言われるので、飲食をする上では湿潤な食物を摂ることが大事です。コマ、クルミ、レンコン、カボチャなどを薦めます。

自然に従い、食事・茶事と暮らす

病気を予防し、健康に過ごすには、正しい食事をしなければならないという思想は、古くから多くの文化圏にありました。料理法をレシピというのは、西洋の世界では元々「処方箋」、「調理法」、「秘訣」などという意味があるとさています。
食べることは医療に通じるという考え、つまり「医食同源」は健康や疾患は飲食と密接な関係があるという考えです。

薬膳料理

料理とワイン、それぞれの味を引き立てる組み合わせは「ペアリング」と呼ばれますがお菓子とお茶にもそのような相性が存在します。
料理とワインのペアリングを楽しむように陰陽五行によって、二十四節気ごとに入れ替わる五種類のお菓子と五種類のお茶のペアリングを楽しみ、調和することによりまたそのれも養生に繋がります。

そして立冬には、昔から蜂蜜が入ったお菓子や生姜、なつめなど冷えをとる食材と一緒にお茶には紅茶やなつめ茶などをセットにしたメニューがあります。このようにこの二十四節気にはこの食材とこのお茶のセットといった組み合わせがあるのです。それさえおさえてしまえば皆さんも簡単に日々のお茶の時間に取り入れることができるのです。

中国の伝統的医学は陰陽五行説というもので体系化されています。
皆さんも最近、韓流・華流ドラマや映画で五行という言葉を聞いたことはありませんか?五行という考え方は東洋医学の基本的な考え方の一つであります。五行とは人の病態や性質、味や季節の性質などなどいろいろな項目をすべて5つに表現しています。五行に従い薬草や食材の大まかな【寒・熱】などの性質や状態を5つに分類し調理したり、煎じたりします。【寒・熱】と温度をみるのも漢方独特なものです。東洋医学では食物や薬草を体に取り込んだ時の熱の概念がとても重要視されていてその概念は必要不可欠であります。
例えば、生姜を食べるとその辛い味成分により、血管が拡張し体温が上がるとされています。また、冷えを伴う病証や冷え性の場合には大きな役割を果たすのです。

東洋医学で用いられる五行説では、5つのエネルギーの調和を取ることで心身のバランスを保ってきました。例えば、五情(ごじょう)と呼ばれる「怒」「喜」「思」「悲」「恐」の5つの感情もそれぞれに振り分けられます。怒=イライラ、喜=興奮、思=クヨクヨ、悲=メソメソ、怖=怖がる。

これら5つの感情を持ち合わせていますが、どれか1つの感情が強すぎると、そこに分類させる臓器をいためやすくなると言われています。また、逆にその臓器が弱っているとそれに当てはまる感情が強く出るとも言われています。ある感情が強く出すぎる時には、それぞれに関係している味覚、酸味、苦味、甘味、辛味、鹹味/かんみ(塩味)などの五行を使ってみるのもよいでしょう。
また、5つのエネルギーには、それぞれに色(五色)があり、その色味の食材をつかってバランスを取ることもできます。 食物を五穀、五果、五畜、五菜、五味(酸味・苦味・甘味・辛味・碱味)、五色(青・赤・黄・白・黒)に分類し、病気に応じて効果のあるものを選択して食べるということもできます。
このように五行は五行同士を組み合わせることにより、この病気にはこの食物を与えるなど細かく定めることができるのです。
いかなる季節にいかなる食物を食べるべきかという指標にもなります。この五要素の働きが平衡状態にあるとき人間は健康であり、不均衡になると病気が生じると考えるのが東洋医学の根本です。
そしてこのアンバランスが身体に蓄積した不健康状態から回復するには、食事療法をするのがもっとも有効であり、薬草はその補助手段であると考えられてきました。これは、薬膳料理の原点だと思います。

中国文化の影響を強く受けた朝鮮にも、五穀と五種の野菜は人を養う薬であり、日々少なめに食すべしという食時五戒といものがあります。中国で発達した本草学では、自然界にあるすべてのものについて人体に対する薬理作用があるという研究がされていました。そのため古来より「食べるもので病気を予防し、健康維持をしていこう」という文化が育まれました。

代表的な主食はお米。スープやメインのおかず、キムチなどの副菜をつけた献立が一般的です。韓国のレストランでは料理を注文すると、注文したもののほかに、異なる5つの食材、5種類の味が含まれているキムチやナムルなどの小鉢もたくさん並べられます。


近年、日本で流行している薬膳料理は、これらの中国の伝統医学、生薬医学に基づいた食養生料理です。薬膳料理の基本は体を温める食物と冷やす食物の使い分けです。例えば、風邪をひいて、寒気や悪寒を伴うときは、血液循環や栄養成分の吸収を促す温熱性食物である甘酒粥や生姜と干しエビの粥がよいとされており、高熱があるならば鎮静、消炎作用のある寒冷性食物である大根と干し貝柱の粥が良いとされたいます。あるいは春菊と菊の花の粥も有効でしょう。皆さんが聞いたことのないメニューがたくさん出てきたんではないでしょうか?このようなものを勉強することもまた面白いものですよ!学びながら健康になり養生を行うというのが理想なのです。

薬膳茶

「薬膳茶」は「薬」と「茶」の2つの意味合いを持つ飲み物ことで、「薬茶」とも呼ばれています。古来から多くの薬草が病気を治すために使われてきました。その中でも香りがよく、甘みなど様々な味わいをもつ薬草がありました。花や葉、果実、茎、根茎など部位によって味わいに違いがあることが知られています。そのことに注目して中国ではそれらの薬草を加工して飲み物として楽しんできた歴史があります。薬膳茶は効能ばかり求められるのではなく、味事態も楽しむために飲まれてきたのです。

中国では朝起きてから不足していないか確認しなくてはいけないこと(モーニングルーティン)に「柴(薪)、米、油、塩、醤、酢、茶」とあります。茶が生活の中でなくてはならないものだったことがわかります。
薬膳茶を作るときに使う材料には「食材」「茶葉」「中薬」があります。
まず、「食材」とは一般的に料理に使われる材料です。「茶葉」は緑茶や紅茶に使うようなお茶っぱのことです。「中薬」は美味しくて効能があり、生薬などの材料にもなるものを指します。また、性質、味、効能を持ち「食材」「中薬」としても使えるものをまとめて「食薬」と呼びます。「食薬」を使用する際はそれぞれが持つ「五気」「六味」「昇降浮沈」「帰経」の特性と特徴によって使い分ける必要があります。

三吉薬膳茶庵の夢 

いつか、三吉の薬膳茶庵をやりたいですね、夢なんですけど・・・
今現在の三吉鍼灸整骨院に通っている患者様にどのように食事やお茶などで養生するか、良くアドバイスをしています。鍼灸治療についてもよく相談します。
例えば女性であればホルモン調整のために下腹部にあるツボ(具体的には気海、関元、膻中)に鍼灸及びマッサージなどを行うことでホルモンバランスの調整ももちろんですし、シミやシワなどの改善や肌の若さを維持するには素晴らしい効果が出てきます。つなわち美容にもつながるのです。真の施術というのはすべてバランスを重んじるのです。
その結果体の均衡を整え、美容にも繋がるということなのです。